今年の世界アルツハイマーデーでもオレンジ色にライトアップされる京都市京セラ美術館(昨年9月、左京区)=認知症の人と家族の会提供

今年の世界アルツハイマーデーでもオレンジ色にライトアップされる京都市京セラ美術館(昨年9月、左京区)=認知症の人と家族の会提供

 世界アルツハイマーデーの21日夜、京都タワー(京都市下京区)や彦根城(滋賀県彦根市)など全国112カ所の名所旧跡やランドマークがオレンジ色にライトアップされる。「認知症の人と家族の会」(京都市上京区)の呼び掛けによる企画で、同日午後7時から動画投稿サイト「ユーチューブ」で一部をライブ中継する。

 認知症についての関心を高めようと毎年実施している。ライブ中継は昨年に続く試みで、新型コロナウイルス感染拡大でチラシ配布など街頭の活動を縮小せざるを得なかったため今年も行う。

 中継は京都タワーや彦根城の他、「奇跡の一本松」(岩手県陸前高田市)周辺、フジスカイビューの大観覧車(静岡県富士市)、高知城(高知市)など23カ所を予定。京都のスタジオから各地のライトアップ会場をつなぎ、家族の会支部のメンバーらが認知症関連の取り組みを紹介する。