一面に咲き誇るサクラに見入る家族連れら(京都府南丹市美山町・大野ダム公園)

一面に咲き誇るサクラに見入る家族連れら(京都府南丹市美山町・大野ダム公園)

 京都府南丹市美山町の大野ダム公園で、恒例の「大野ダムさくら祭り」が開かれ、京阪神などから家族連れらが訪れて約千本のサクラが咲き誇る姿を楽しんでいる。

 同公園やダム湖周辺にはソメイヨシノやシダレザクラ、ヤエザクラがずらりと植えられており、祭りは地元の大野振興会などの実行委員会主催で34回目。

 7日はポカポカ陽気に包まれ、満開を迎えたサクラを見上げながら家族で弁当を広げたり、写真撮影をしたりしていた。

 吹奏楽団やバンドの演奏、地元で採れた野菜を使った鍋を振る舞うイベントもにぎわった。

 京都市西京区の上里小2年の男子児童(7)は「桜もピンク色できれい。ウグイスの鳴き声も聞こえた」と笑顔で話した。

 祭りは14日まで。13日まで夜間ライトアップが行われ、同日午後7時半から花火を打ち上げる予定。