早朝から直売所で品定めをする親子連れ(東近江市建部境町)

早朝から直売所で品定めをする親子連れ(東近江市建部境町)

 滋賀県東近江市建部地区で栽培される糖度の高い梨「南水」が、収穫のピークを迎えている。育てにくく希少な梨を求めて、同地区の直売所には早朝から多くの親子連れらが訪れている。

 20年前に組織された「たてべ大凧(おおだこ)果樹生産組合」が、先行する「彦根梨」などに対抗しようと、「幸水」や「豊水」など作りやすい品種とともに、甘みの強い南水を生産している。栽培に手間はかかるが、糖度15度は幸水を上回る。今では長浜や彦根から訪れて買い求めるという。

 直売所では前日に収穫した新鮮な400個の梨が並ぶが、人気の南水は午前8時すぎに完売することも多い。子どもと訪れた30代女性は「子どもが大好きで、よく買いに来ます」と話す。

 1袋4玉入り千円。同市建部境町の直売所で奇数日に午前7時半ごろから販売。売り切れ次第終了。問い合わせは同組合0748(25)5936。