大津北署

大津北署

 19日午後2時50分ごろ、大津市葛川細川町の安曇川で、「子どもが流されている」と110番があった。京都市西京区の小学1年の男児(7)が流され、約450メートル下流の岩場にひっかかって釣り人に救助されたが、約2時間後、搬送先の病院で死亡した。

 大津北署によると、男児はこの日、父親(39)と弟(5)と川を訪れ、水深30~50センチの場所で浮き輪で遊んでいたところ、浮き輪から体が離れたという。