ことわざに「盗っ人にも三分の理」とある。悪事を働くのにもそれなりに訳がある、どんなに筋の通らないことも何とでも理屈はつけられるとのたとえだ…