子どもが学校に行けなくなると、本人や家族は心身ともに疲れ、不安にさいなまれる。状況が改善する鍵の一つになるのが地域の支援団体だ。子どもの昼間の居場所活動や親の会などに参加し、前向きになれた人は多い。ただ支援団体の情報が当事者に届いていない実情もあり、一部の自治体や団体は情報を積極的に伝えようと動きだしている。