滋賀県警大津北署

滋賀県警大津北署

 滋賀県警大津北署は22日、大津市の男性(71)が、会員制交流サイト(SNS)で知り合った人物からFX(外国為替証拠金取引)の投資話を持ちかけられ、現金約1200万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。

 同署によると、男性は7月下旬ごろ、フェイスブックで台湾国籍の女性を名乗る人物と知り合い、LINE(ライン)などで「FX取引でもうけている」などと伝えられた。紹介された「取引の担当者」からは「投資金を入れるため、口座に100万円を振り込んで」「お金を引き出すには保証金がいる」などとのメッセージを受け取り、8月2~10日、指定された銀行口座に計1200万円を振り込んだという。