大阪府が新型コロナウイルス感染者の重症化を防ぐため、陽性判明後に保健所から入院や宿泊療養などの対応方針を本人に伝える前でも、抗体カクテル療法などの治療を始められる体制づくりを進めている。