日本高校野球連盟は投手の故障を防ぐため、「1週間で500球以内」とする球数制限を設けたのに続き、飛び過ぎが指摘される金属バットの見直しに取り組んでいる。