亡くなった人に宛てた手紙を受け付ける「緑のポスト」を置く舞鶴市北吸の大聖寺で23日、たき上げ供養が営まれ、投函(とうかん)した人など32人が故人をしのんだ。

 ポストは約30年前、郵便局で働いていた檀家(だんか)から寄贈され、緑に塗り替えさい銭箱として境内に置いていた。亡き人への思いをつづった手紙が何度か入っていたことをきっかけに2019年から手紙を受け付け、春と秋の彼岸に……