京都市交通局は各バス停の時刻表にその路線の営業係数(右上の四角で囲まれた数値)を記載している=京都市中京区・烏丸丸太町バス停

京都市交通局は各バス停の時刻表にその路線の営業係数(右上の四角で囲まれた数値)を記載している=京都市中京区・烏丸丸太町バス停

 京都市交通局は15日、2020年度の市バスの路線別「営業係数」を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大による乗客減の影響で、係数を公表するようになった08年度以降初めて全路線で赤字となった。観光客の乗車が多い急行系統7路線の打撃が特に大きく、厳しい運営状況が改めて浮き彫りとなった。

 京都市バスの路線別営業係数
【赤字の程度が大きい上位5路線】
(1)111系統 398  京都駅前、金閣寺道
(2) 西3系統 299  洛西バスターミナル、桂駅西口
(3) 16系統 287  京都駅八条口、十条油小路
(4) 84系統 281  河原町十条、西京極駅前
(5) 南1系統 273  竹田駅西口、赤池

【赤字の程度が小さい上位5路線】
 路線名   営業係数 主な経由地
(1)207系統 102  清水道、祇園
(2)203系統 107  四条河原町、北野天満宮前
(2) 17系統 107  銀閣寺前、京都駅前
(4)  3系統 110  松尾橋、百万遍
(4)206系統 110  祇園、京都駅前