小泉環境相(左)に嘆願書を手渡す杉本さん=環境省

小泉環境相(左)に嘆願書を手渡す杉本さん=環境省

 悪質な動物虐待の防止などに取り組む動物環境・福祉協会Eva(東京)は24日、劣悪な環境でペットを飼育する一部の繁殖業者に対する行政の指導や監督が不十分だとして、関係法令の厳格な運用を求める嘆願書を小泉進次郎環境相に提出した。

 Evaによると、発覚した動物虐待の中には業者関係者や地元の動物愛護団体、近隣住民が保健所に通報していたにもかかわらず、適切な対応がとられなかったケースがあるという。

 動物愛護週間(26日まで)に合わせ、環境省を訪れたEva理事長で女優の杉本彩さん=京都市出身=は「やるべきことを行使してくだされば多くの被害を生まずに済んだ」と今後の改善を強く求めた。小泉氏は「官民が連携し、多くの救われる命を救いたい」と応じた。