次期衆院選で滋賀県内の小選挙区に候補者を立てると表明するれいわ新選組の山本太郎代表(24日夜、草津市・JR草津駅前)

次期衆院選で滋賀県内の小選挙区に候補者を立てると表明するれいわ新選組の山本太郎代表(24日夜、草津市・JR草津駅前)

 れいわ新選組の山本太郎代表が24日夜、滋賀県草津市のJR草津駅前で街頭演説し、次期衆院選で滋賀県内4小選挙区のうち一つに候補者を擁立すると表明した。「新しい世代と力を合わせていくことを考えれば、滋賀をスキップすることにはならない」と述べ、挑む選挙区と候補者は後日明らかにするとした。

 れいわ、立憲民主、共産、社民4党の党首は、次の衆院選に向け事実上の共通政策を取り交わしている。山本氏は野党共闘について「政権構想までは残念ながら出来上がっていない」との見方を示した。

 その上で、党勢拡大には小選挙区への挑戦が求められるとし、「(野党で)一本化しても、おなじみの顔ぶれで議席が取れていないのなら、自由競争という形になる」と強調。「どういった土地で議席を得たいか。滋賀に手を挙げる権利は当然ある」と訴えた。