4氏が争う自民党総裁選は1回目の投票で決着がつかず、上位2人の決選投票にもつれ込むとの見方が広がりつつある。多くの派閥が自主投票を決めており、国会議員票は分散。地方票では河野太郎行政改革担当相が優位に戦いを進めるものの、1回目で過半数に届くかは不透明なためだ。決選投票は過去4回あり、