サンガ-栃木 前半、攻め上がるサンガの飯田(サンガスタジアム京セラ)

サンガ-栃木 前半、攻め上がるサンガの飯田(サンガスタジアム京セラ)

 サッカーJ2で首位に立つ京都サンガFCは25日、京都府亀岡市のサンガスタジアム京セラで栃木と対戦し、2―0で快勝した。3連勝で勝ち点は67。2位の磐田も勝ち、同66とした。

 サンガは前半28分、中央の荻原からパスを受けた左サイドのウタカが縦へ突破。ペナルティーエリア内に侵入した荻原へ折り返し、ダイレクトでのシュートが右ポストをたたきネットを揺らした。

 後半20分には中盤でボール奪取した福岡が左の松田へと送り、逆サイドへクロス。待ち構えていた宮吉が冷静に頭で合わせ、2戦連続ゴールを奪った。シンプルに前線へボールを送る栃木の攻撃を我慢強くはじき返し、得点機をつくらせなかった。

 曺監督は「栃木は非常にタイトな戦い方をするが、それを受けずに、ラインを高くキープしながら、準備してきたことを遂行してくれた。こちらのゲームプランじゃない時間帯もあったが、バタバタせず自分たちのリズムを貫けた」と話した。