京都府北部の各市町で、10代への新型コロナウイルスワクチン接種が本格化している。「第5波」では若者の感染が目立ったが、12~15歳は接種に保護者の同意が必要で、学校では接種の有無による差別を受けないよう配慮も求められており、各市町が丁寧な情報提供を心掛けている。