園部城跡近くの空き店舗に設けられ、開所式があった園部文化観光協会の事務所(京都府南丹市園部町宮町)

園部城跡近くの空き店舗に設けられ、開所式があった園部文化観光協会の事務所(京都府南丹市園部町宮町)

 京都府南丹市園部町の観光振興に携わる一般社団法人園部文化観光協会は26日、同町宮町に事務所を開いた。観光案内所の機能を持たせるほか、自転車の修理道具を使えるようにしてサイクルツーリズムを推進するなど活動を強化する。


 園部町全体を管轄する観光協会がなかったことから、まちづくりの関係者らが昨年9月に設立。市役所内に窓口を置いていたが、園部城跡に近い同町中心部の理髪店だった空き店舗を活用した。


 月~金曜にスタッフが常駐し、見どころを紹介する。今後、自転車の修理道具なども用意し、新型コロナウイルスの感染が収束しない中、密を避けられる自転車での観光を促す。開所式で小林康夫会長(67)は「さまざまなアイデアを実行したい」と意気込んだ。


 この日は同町の道の駅「京都新光悦村」で電動自転車の試乗会が開催された。10月10日には園部藩にゆかりがある場所を電動自転車で巡るツアーが開かれる。問い合わせは同協会0771(62)0050。