プールで養殖したホンモロコを水揚げする海洋高生たち(京都府宮津市小田・旧上宮津小)

プールで養殖したホンモロコを水揚げする海洋高生たち(京都府宮津市小田・旧上宮津小)

 海洋高(京都府宮津市上司)と上宮津地区の住民が養殖するホンモロコが5日、旧上宮津小(同市小田)のプールで水揚げされた。約60キロを揚げ、選別や泥抜きを経て、丹後地域の料理店などに出荷する。
 養殖は旧上宮津小プールを活用し、2015年度から行っている。4月に親魚から採卵してふ化させ、6月中旬に体長約2センチの稚魚2万3800匹を放流。住民たちが餌を与えて育てた。
 この日は、水を抜いたプールに海洋高生たちが入り、7~8センチに育ったホンモロコを次々とすくい上げた。同高3年の男子生徒(17)は「琵琶湖の固有種のホンモロコを海洋高が養殖していると知ってもらい、たくさん食べてほしい」と話した。