瀬戸内寂聴さんが昔、どこかの新聞で、職人だった父親の仕事場を通るときに鉋(かんな)や鑿(のみ)を跨(また)ぐと、すかさず金尺が飛んできて幼…