井戸に漬かり、激しく水を掛ける若衆たち(9日午後9時、滋賀県長浜市宮前町・長浜八幡宮)

井戸に漬かり、激しく水を掛ける若衆たち(9日午後9時、滋賀県長浜市宮前町・長浜八幡宮)

 滋賀県長浜市の「長浜曳山まつり」が13日に開幕するのを前に9日夜、出番山4基の若衆らが街を練る「裸参り」が同市宮前町の長浜八幡宮などで始まった。「ヨイサ」の掛け声が街に響き渡り、まつりの機運が一気に高まった。

 まつりの成功を祈る行事で12日まで続く。初日の9日は、子ども歌舞伎の上演時間を各山組の稽古場で確認する「線香番」が行われた後、午後8時半ごろから、常磐山(ときわざん)(呉服町組)、孔雀山(くじゃくざん)(神戸町組)、翁山(おきなざん)(伊部町組)、萬歳樓(ばんざいろう)(瀬田町組)の若衆が、上半身裸のはちまき姿などで威勢の良い掛け声とともに街を練り歩いた。

 長浜八幡宮に到着すると、境内の「清々井戸」に飛び込み、冷水を勢い良く掛け合って身を清めた。

 13日には子ども歌舞伎奉納の順番を決めるくじ取り式が同宮であり、同日夕から各山組の地元で歌舞伎の上演が始まる。