【地図】車上狙いのあった現場一覧

【地図】車上狙いのあった現場一覧

 今月に入り、大津市内のアパートやマンションの駐車場を中心に、車上狙いが相次いでいる。3~9日にかけ、18カ所で計20台が被害に遭い、現金約27万円などが盗まれた。県警は「財布やかばんなど貴重品を車内に放置しないで」と呼び掛けている。

 大津署によると、3日夕~4日朝に同市大萱7丁目で8台、5日夕~6日朝に三大寺などで7台、8日夕~9日朝に若葉台などで5台の被害があった。すべて琵琶湖南端を中心に半径2・5キロメートル以内で発生し、20台のうち18台はアパートかマンションの駐車場で被害に遭った。

 同署の説明では、盗まれたのは現金計約27万円のほか、財布12個やかばん、電動工具などで、いずれも窓から見える車内に置かれていた。運転席か助手席の窓ガラスが割られていたといい、同署は、同一犯の可能性があるとみている。

 県警は9日、被害エリアに近い商業施設「アル・プラザ瀬田店」(同市月輪1丁目)で、買い物客に注意喚起のビラを配りながら「車上狙いが増えています」「貴重品は車から持って降りて」などと呼び掛けた。