約1カ月半、日本中を熱狂させた祭りが終わった。ラグビーW杯の優勝杯を高々と掲げたのは南アフリカのコリシ主将だった▼大会前は盛り上がりを不安視されたが日本の快進撃でテレビ視聴率もうなぎ上り。「にわかファン」も増え、球を奪うジャッカルなど専門用語も会話に登場した。ブームを広げたのはプレーの魅力だけではないだろう▼台風19号で試合が中止になったカナダ代表は岩手県釜石市でボランティアを行った。多くの観客は荒天でも席を立たず、敗者に温かい声援を送った。歌詞カードを手に相手の国歌を歌うファンもいた▼選手はツイッターで思いを発信。稲垣啓太選手は自分への危険なタックルで一時退場になった南アフリカの選手に「故意でないのは分かっている。優勝してくれよな」と激励した▼ラグビー憲章では仲間や相手を尊重(リスペクト)することを、「最も重要」と定める。格闘技性が強い競技だけに大切にしてきた考え方だ。互いを認め合おうとする空気が人々の胸に残ったのであれば、大会を初開催した意味は小さくない▼笑顔で奮闘したボランティアの活躍も記したい。道案内や町のPR役を担い、ハイタッチで出迎えた。フレンドリーで細やかなおもてなし。欧州や南半球とはひと味違う、日本らしいW杯を支えた。