山科署は10日、京都市山科区の女性(85)が、改元を理由にキャッシュカードをだまし取られ、10万円が引き出された、と発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、同日午前11時ごろ、女性宅に金融機関の職員を名乗る男から「元号が変わるのでキャッシュカードが使えなくなる。引き取りに行く」などと電話があり、女性は暗証番号を伝えた。その後、女性宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を渡した、という。

 府警は、改元に便乗した新たな手口の詐欺に注意するよう呼び掛けている。