橋川市長(前列中央)を表敬訪問し、時代行列への抱負を語った出演者たち=草津市草津3丁目・市役所

橋川市長(前列中央)を表敬訪問し、時代行列への抱負を語った出演者たち=草津市草津3丁目・市役所

 28日に開催される「草津宿場まつり」を前に、時代装束を着て旧東海道と旧中山道を練り歩く「時代行列」で主な役柄にふんする6人が10日、滋賀県草津市役所を訪れ、本番に向けて意気込みを語った。

 主要役柄の出演者は一般公募し、約50人の応募の中から3月10日の選考会で12人が選ばれた。

 この日、6人は橋川渉市長を表敬訪問。「いつもと違う自分になれることが楽しみ」「平成最後の締めくくりにふさわしいものになるよう務めを果たしたい」などと期待や抱負を述べ、橋川市長は「草津を大いに盛り上げてほしい」とエールを送った。

 今年から新たに設けられた新選組隊士となる西浦直正さん(29)は「剣豪らしく堂々とした姿を見せたい」。

 皇女和宮(かずのみや)役の能登川高2年喜多舞美さん(16)は「おしとやかに凜とした雰囲気を出して歩きたい」と話した。

 時代行列は午後1時に立木神社前交差点(草津3丁目)を出発。約120人が1時間かけて約1キロを歩く。