京都サンガ

京都サンガ

長崎-サンガ 後半8分、スルーパスを出すサンガの福岡(トランスコスモススタジアム長崎)

長崎-サンガ 後半8分、スルーパスを出すサンガの福岡(トランスコスモススタジアム長崎)

 サッカーJ2で首位の京都サンガFCは2日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で第32節を行い、0―2で長崎に敗れた。勝ち点は67。長崎は同58で3位に浮上した。サンガを勝ち点1差で追う磐田は3日に町田と対戦する。

 サンガは開始直後から激しいプレスでボールを回収しペースをつかんだが、決定的なシュートまでは持ち込めなかった。相手に押し返されつつあった前半30分、右CKから頭で合わされ、GK若原が弾くもゴールを許した。後半からイスマイラを投入して攻勢に出たが、得点機を決め切れずにいると20分、前掛かりになったところにカウンターを受け、追加点を奪われた。

 曺監督は「非常にタフな試合。我々にもチャンスがあり、後半すぐのチャンスに入っていれば分からなかったが、長崎の集中した守備を崩せない試合となった。この経験をポジティブに捉えていくのが大事」と話した。