ニコラス・ケイジ(57)が主演し、全米に続き、8日から日本でも公開の新作映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」は、実は東映太秦映画村(京都市右京区)など、京都と滋賀を拠点に全編が撮影された。園子温(そのしおん)監督(59)のハリウッドデビュー作と銘打たれ、「世界のどこにも存在しない東洋と西洋が邂逅(かいこう)した世界」(園監督)を描いたエンタメ作品。なぜ京都と滋賀で撮ることになったのか。監督に聞くと…。=敬称略