スマホとの付き合い方についてパネル討論で語る菅原さん(右)と西田校長=京都市下京区・市総合教育センター

スマホとの付き合い方についてパネル討論で語る菅原さん(右)と西田校長=京都市下京区・市総合教育センター

 「子どもをネット依存から守るためにどうすればいいか」。学校医らでつくる京都市学校保健会と市教育委員会による学校関係者向けのシンポジウムが10月中旬、下京区の市総合教育センターで開かれた。教員と情報モラル教育のアドバイザーがパネル討論で、スマホなどに夢中になる子どもとの向き合い方などについて意見を交わした。

 パネリストには市原野小(左京区)の西田晋校長と学校などで情報モラルに関する講演活動を行う府警ネット安心アドバイザーの菅原邦美さんが参加した。
 西田校長はネットに夢中になる子どもの現状を説明。オンラインゲームではスマホへの通知などで常に参加を誘われる仕掛けがあるとし「ゲーム内ではヒーローになれるという子どもの声から、ゲームで承認欲求や変身願望を満たしているようだ。破壊や裏切り行為ができてスカッとする、という子もいて心配」と懸念を示した。
 ネット社会に生きる子どもたちと関わる教育者として「ネットは書き言葉の世界。誤解を受けないような表現を選べる力を付けさせ、豊かな人権感覚を育むことを重視している」とも述べた。
 一方、菅原さんは母親が子育てでスマホに頼ざるを得ない現状を指摘。「家事育児の大半を母親が一人で引き受けている。料理の時間だけでもスマホを子どもに見せると助かるという声をよく聞く」と話し「大事なのはスマホを使う状況でも子どもとコミュニケーションを欠かさないこと。五感を働かせる環境を整え、育児の負担が母親に偏らないよう社会全体で子育てする意識も大切だ」と強調した。
 パネル討論に先立ち、依存症心理に詳しいトヨタ記念病院の磯村毅医師(呼吸器内科学)が講演した。スマホやゲームの時間が増えると成績が下がるというデータを引用し、スマホやゲームで脳が変化するという仮説を紹介した。磯村医師は「スマホを持たせるのは遅い方がよい」と訴えた。