新型コロナウイルス感染症の拡大が一時的に収束したことに加え、不人気だった菅義偉前首相の総裁選不出馬や4人が立候補した総裁選によって自民党の評価は上向きに転じている。野党側の表立った盛り上がりがほとんどない状況を考えれば、岸田文雄首相は組閣について内向きと思われるくらいの対応を取ることが得策と考えたのだろう。