咲き誇る桜の下、新元号や東京五輪をイメージした作品で彩られた境内(11日午後7時10分、京都市中京区・六角堂)

咲き誇る桜の下、新元号や東京五輪をイメージした作品で彩られた境内(11日午後7時10分、京都市中京区・六角堂)

 華道発祥の地とされる京都市中京区の六角堂で11日夜、大作いけばなのライトアップが行われた。約150基の灯籠がいけばなを幻想的に照らした。

 隣接する池坊会館などで12日から開催する「春のいけばな展」に合わせて同日夜から特別拝観が始まるのを前に、報道陣に公開された。

 今年の大作いけばなのテーマは「ことほぐ」で、改元や来年に迫った東京五輪などを祝おうと、池坊中央研修学院の教員が五輪や新元号「令和」などをイメージした7点を出展した。

 4メートル超のヤシの枝や松、竹などを用いた作品「そこに限界はない」では、躍動するアスリートのようなのびやかさや鋭さを、野外のスペースを存分に生かして表現した。

 夜の特別拝観とライトアップは14日までの午後6時~同9時で無料。春のいけばな展は15日までの午前10時~午後6時(13日は午後5時、15日は午後4時まで)。有料。