消火作業にあたる消防署員ら(7日午後1時18分、京都市左京区)

消火作業にあたる消防署員ら(7日午後1時18分、京都市左京区)

 7日正午ごろ、京都市左京区大原古知平町の空き家から出火、木造平屋建て延べ約150平方メートルが全焼した。けが人はなかった。京都府警下鴨署によると、空き家は北区の男性(73)の所有。初期消火に当たった近くの男性(65)は「黒煙と火柱が上がり、ガラスがバリバリと割れる音がした」と話した。現場は三千院から北に約2キロ。