滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は8日、豚熱(CSF)の感染豚が見つかった近江八幡市の養豚場で実施している約1400頭の豚の殺処分を、同日深夜に終える見通しを示した。

 県職員延べ約500人が6日夜から交代で作業。国の防疫指針は原則24時間以内に殺処分を終了するよう定めているが、気温の高さと防護服を着ての作業で体調不良を訴える職員が出て、遅れていた。9日までに殺処分した豚と餌などの汚染物を養豚場の隣接地に埋却し、10日に消毒を終えて一連の防疫措置を完了する予定。