さて皆さん、聞いてください―。関西を代表する朝のラジオ番組「ありがとう浜村淳です」(MBSラジオ)が8日の放送で45周年を迎えました。パーソナリティー浜村淳さん(84)は、京都市出身。浜村節と親しまれる名調子の原点は、古里・京都にありました。大阪・梅田の放送局から、昭和、平成、令和へと続く歩みをお届けします。



▽1935(昭和10)年、京都市北区鷹峯(たかがみね)生まれ。鷹峯小、旭丘(あさひがおか)中を経て、山城高に進んだ。

 鷹峯源光庵(げんこうあん)に突き当たる坂の途中に家がありました。お隣はテニスの伊達公(きみ)子さんの家。公ちゃんは小さい頃からラケットを抱えてましたから、よく知ってました。父親に叱られても涙一つ見せない芯の強い子でした。山城高では一つ上に阪神タイガースの吉田義男さんがいました。よっさん、今も元気で解説でようしゃべってます。山城新伍さんも後輩にいました。僕も含め、しゃべり好きが山城高には多いんですかね。