岸田政権は、脱炭素社会の実現に向け既存の原発を活用する、菅前政権の路線を継承する見通しだ。原発は「必要な規模を持続的に活用していく」とした、改定作業中のエネルギー基本計画案も大きな変更はせず、再稼働を進める姿勢を示す。一方で東京電力福島第1原発事故以来、国民の原発への不信感は根強く、野党は「原発のない脱炭素」の実現を掲げる。