黄色い花が咲き誇る「秋ヒマワリ園」(東近江市妹町・道の駅あいとうマーガレットステーション)

黄色い花が咲き誇る「秋ヒマワリ園」(東近江市妹町・道の駅あいとうマーガレットステーション)

 滋賀県のJA草津市の農産物直売所「草津あおばな館」(同市下笠町)の畑では、秋ごろに開花する品種「キッズスマイル+(プラス)」が咲いている。

 直売所の集客につなげようと、8月に種をまいた。管理するJA草津市営農課によると、今年は台風などの影響で背丈は1メートル弱とやや短いが、10月下旬から順調に咲き始めた。

 満開はもうすぐで、買い物客やドライバーらが珍しそうに眺めている。同課は「ほっこりした気持ちになってもらえたら」と話す。クリスマス前後まで見られるという。

 道の駅あいとうマーガレットステーション(滋賀県東近江市妹町)の畑では、大きな花が特徴の品種「ハイブリッドサンフラワー」が咲き誇っている。

 「秋ヒマワリ園」と名付けて、9月初旬に種まきをして開花時期を調節している。

 約1万5千本が植えられた花畑で、家族連れやカップルが写真撮影を楽しんでいる。近くには約50万本のコスモスも植えられており、夏と秋を代表する花を一度に楽しめる。気温が10度以下になると花がしぼむため、見頃は11月下旬まで。5本200円で摘み取りもできる。