新型コロナウイルス感染規模が過去最大となった「第5波」では、各地で病床逼迫(ひっぱく)が深刻化した。そんな中、東京都墨田区は第5波の重症者、死者がゼロだった。回復期患者の転院先を丁寧に開拓し、地元医師会や薬局と連携した健康観察といった独自策が奏功し、危機を乗り越えた。「墨田区モデル」を参考に、他の地域で応用できることはあるのか。