京都府福知山市

京都府福知山市

 10日午後1時20分ごろ、京都府福知山市三和町芦渕の山中で、有害鳥獣の駆除をしていた三和支部猟友会の80代男性がシカを狙って発砲した銃弾の金属片が、一緒に活動していた70代男性に当たった。70代男性は右肩付近を5針縫うけがをした。

 11日に発表した市によると、ライフルの銃弾が山中で何かに当たり、弾頭を覆う金属片が飛んだ可能性があるという。10日は市が猟友会に委託している一斉捕獲の日で、11人が2~3人に分かれて行動していた。70代男性が撃ったシカの様子を確認しようとした際、約30メートル離れていた80代男性が別のシカに向けて発砲した銃弾で負傷したとみられる。

 市は事故を受け、予定していた残り6回の一斉捕獲を中止し、狩猟期間が始まる11月15日までに安全講習会を開く方針。