京都1区を長年地盤としてきた自民党の伊吹文明元衆院議長が政界引退を表明し、局面が転換している。自民新人で元総務官僚の勝目康(47)は議席継承を訴え、共産党現職で党国対委員長の穀田恵二(74)は悲願の小選挙区初勝利を狙う。そこに日本維新の会新人で講師業の堀場幸子(42)が絡む三つどもえの戦いで、注目度の高い選挙区となっている。