京都フィルハーモニー室内合奏団のコンサートを楽しむ児童たち(京都府亀岡市・畑野小)

京都フィルハーモニー室内合奏団のコンサートを楽しむ児童たち(京都府亀岡市・畑野小)

 京都フィルハーモニー室内合奏団のコンサートが京都府亀岡市の畑野小で開かれた。児童たちは体育館に響くクラシック曲に聞き入ったり、合奏団の伴奏で校歌を歌ったりして生演奏の魅力に触れた。

 新型コロナウイルス流行下でも子どもたちに文化芸術を鑑賞・体験してもらおうと、文化庁の事業を活用した。全校児童37人が体育館に集まり、弦楽器や管楽器の響きを目の前で楽しんだ。

 コンサートでは「スイス軍の行進」や「ハンガリー舞曲第5番」などなじみのクラシック曲が次々と披露された。児童が足踏みや手拍子のボディーパーカッションを加えて曲を作り上げるプログラムも盛り上がった。

 演奏後、6年の児童(11)が代表して「生の演奏は迫力があってわくわくした。いつもの校歌がオーケストラ風でかっこよかった」と感謝を伝えた。