京都府警下京署

京都府警下京署

 訪問介護で訪れた女性に睡眠薬入りのお茶を飲ませたとして、京都府警下京署は12日、監禁致傷の疑いで、京都市下京区、無職の男(58)を逮捕した。「お茶は出したが薬は入れていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は7月4日午後6時20分ごろ、自宅マンションを訪れた上京区の介護福祉士女性(45)に睡眠薬などが入ったお茶を飲ませて、意識不明の状態にさせて約1時間監禁し、急性薬物中毒の傷害を負わせた疑い。

 下京署によると、女性は男の自宅を訪れた翌日も、頭痛などの体調不良が続いた。体内からは薬物反応が検出されたという。