山肌を彩る紅葉したコキア(滋賀県高島市今津町・びわこ箱館山)

山肌を彩る紅葉したコキア(滋賀県高島市今津町・びわこ箱館山)

 滋賀県高島市今津町日置前のびわこ箱館山で、コキアが赤く色づき、見頃を迎えている。ふわふわとした草木が山肌を彩り、来場者の目を楽しませている。

 コキアはアカザ科の一年草で、ほうきに似た姿からホウキギとも言われる。スキー場のゲレンデに4千本が植えられている。今年は6月中旬に苗を植え、今月に入って夜間の気温が下がり色づき始めた。コキアの周辺には65品種450本のダリアやサルビア、ベゴニアも色を添える。

 山頂付近は標高約630メートルで麓より気温が4度ほど低く、吹き抜ける風はひんやり。訪れた人たちは一足早い「紅葉」に秋の訪れを感じながら、写真に収めていた。今月中旬ごろまで楽しめる。ロープウエーは有料。