踏切で電車と接触したトラック(13日午前9時9分、京都市中京区御前通四条下ル)

踏切で電車と接触したトラック(13日午前9時9分、京都市中京区御前通四条下ル)

 13日午前8時35分ごろ、京都市中京区御前通四条下ルの京福電鉄(嵐電)嵐山線の踏切で、四条大宮行き電車と大型トラックが接触した。電車には14人が乗車しており、乗客の会社員男性(61)=右京区=が首に軽傷を負った。

 他の乗客や大型トラックの男性運転手(36)にけがはなかった。中京署によると、大型トラックは踏切を通過しようとしていたが、前に信号待ちの車があったため渡りきれず、車両の後部が電車と接触したという。

 京福電鉄によると、この事故で嵐山線四条大宮-西院間で約1時間運転を見合わせ、上下7本が運休、乗客約1100人に影響した。