京都地裁

京都地裁

 出会い系サイトで知り合った少女に乱暴したとして、強制性交の罪に問われた自民党滋賀県支部連合会の元事務局長の男(43)=滋賀県栗東市=の初公判が14日、京都地裁(伊藤寿裁判長)であった。男は「合意の上で性交渉した」として無罪を主張した。

 起訴状によると、2月3日午後10時半ごろ、滋賀県草津市の駐車場で、専門学校生の少女=当時(18)=に「服脱いで」と命じて少女の下着姿や運転免許証を写真撮影し、「裸で外に出したろか」などと脅して少女と性交したとしている。

 検察側は冒頭陳述で、性交する目的で少女と少女の友人の計2人とマッチングアプリを介して出会い、事前に現金を渡したところ、2人が逃げたため、追い掛けて少女を車内に連れ込んだと指摘した。

 弁護側は、少女を車内に連れ戻し、返金を求めたところ、少女から性交を提案されたと反論。脅したり、裸になるよう命令したことはない、と述べた。

 自民党滋賀県連によると、男は9月15日付で懲戒解雇された。