仁和寺(京都市右京区)の国宝金堂を舞台に、11月9日午後6時から開かれる音楽イベント「オペラショウ」の鑑賞チケットを10組20人にプレゼントする。

 前半は、雅楽や御詠歌、声明の演奏のほか、コンピューター音楽と最新のデジタル映像を組み合わせた音と光のページェント「時の心象」が奏でられる。

 後半は、万葉歌人大伴家持が残したとされる物語「松山鏡」を基にしたテクノオペラ「観音抄」が特設ステージで演じられる。締め切りは28日。

 仁和寺では「国宝のある芸術祭」を29日から開き、日本画とモダンアート、いけばなを組み合わせた展覧会や境内の紅葉ライトアップなどが行われる。芸術祭の問い合わせは拝観課075(461)1155。

 応募はこちらから。

https://www.kyoto-np.co.jp/list/secure/form?code=WD-2021-0058