衆院が解散した14日、京都の各政党は19日公示、31日投開票の総選挙に向けた決意や目標を発表した。与党は「全選挙区で勝利する」と政権継続を掲げ、野党は「自公政治を終わらせる」と訴えた。