土産用や贈答用を主力とする京都の菓子メーカーが、自家用商品の販売に力を入れている。新型コロナウイルス禍の影響で観光客が長期にわたって落ち込んでいるため、地元客の需要を取り込む。各社は京都での移動販売や出店を強化し、地元ファンの開拓を目指している。

 荷台の窓から制服姿のスタッフが商品を渡す。洋菓子店「マールブランシュ」を展開するロマンライフ(京都市山科区)が昨年7月に始めた