派閥の会合で最後のあいさつをする伊吹氏(東京都千代田区)

派閥の会合で最後のあいさつをする伊吹氏(東京都千代田区)

 今期限りで政界を引退する自民党の伊吹文明元衆院議長(京都1区)は14日、最高顧問を務める志帥会(二階派)の定例会合に出席し、最後のあいさつで「二階会長を中心に選挙を勝ち抜いて、選挙後もしっかりと派として一体的に行動してほしい」と派閥の結束を呼び掛けた。

 伊吹氏は、領袖としてかつて率いた二階派について「日本の伝統的な規範を大切に社会を動かしていこうという保守の流れがかろうじて残っている」と指摘。「皆さん方にはうるさかったかもわからないけれども、政界の身の振り方などを昔の派のように教えてくれるのは志帥会ぐらい」と振り返った。

 一方で、「選挙はそういう事をしっかりやっていたからといって当選できるわけじゃないんで」とも。党の情勢分析を踏まえつつ、次期衆院選に臨む後輩議員に「都市部の先生方はしっかり心を引き締めて」と伊吹流で激励した。