<旬の献立を探しに 小平泰子>

 ホタテはお魚屋さんで口を開けてもらうといいでしょう。貝付きでない場合は耐熱皿一つで作ってみて。貝ひもと内臓は別で炒めておつまみに。


【材料】(作りやすい分量)

玉ネギ1/2個、ホタテ4個
バター大さじ11/2、小麦粉大さじ11/2
牛乳200cc、塩小さじ1/3
ユリ根 6かけ
シュレッドチーズ 130グラム
黒こしょう、パセリのみじん切り各適量


【作り方】

(1)ホタテは貝ひもや内臓を取り除き、貝柱は1個につき4等分に切り、貝の上にそれぞれ置く。
(2)玉ネギは縦4等分に切り、端から5ミリ幅の薄切りにする。
(3)鍋にバターを入れて火にかけ、半分ほど溶けたら(2)が透き通るまで焦がさないように炒め、小麦粉を振り入れて粉っぽさがなくなるまで炒める。
(4)いったん火を止め、牛乳を注いでよく混ぜ、なじんだらユリ根を加え、再び弱火にかける。ふつふつとしてこってりととろみがついてきたら塩、黒こしょうを加えてざっくりと混ぜ、(1)にかける。
(5)(4)にシュレッドチーズ、パセリ、黒こしょうをかけ、魚焼きグリルやトースターなどで焦げ目がしっかりと付くまで焼く。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan