<旬の献立を探しに 小平泰子>

 カブは火を通しすぎると香りがなくなるので気をつけて。湯葉の代わりに油揚げにする場合は葉を入れるタイミングで加えてくださいね。


【材料】(作りやすい分量)

小カブ  3個
だし  300cc
白みそ  大さじ2
吉野葛(くず)(同量の水で溶く)  適量
引き上げ湯葉(生)  2枚


【作り方】

(1)小カブは葉を2センチほど残して切り分け、実の部分は葉を残して皮をむき、4等分にくし切りに、茎は3センチの長さに切る。湯葉は一口大に切る。
(2)鍋に小カブの実、だしを注いで火にかけ、火が通ったら葉も入れる。サッと煮て軽く火が通ったら白みそを溶き入れ、吉野葛でとろみをつけ、湯葉を加えてざっくりとまぜたら火を止める。
(3)器に盛り、あんをかける。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan