京都府庁

京都府庁

 京都府の西脇隆俊知事は15日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策で京都市や宇治市など府南部16市町村の飲食店を対象としている営業時間短縮要請について、期限の21日までで解除する方針を示した。18日に対策本部会議を開いて正式に決定する。

 府内の感染状況を巡っては、14日時点の1日当たりの新規感染者数は7日間平均で17・14人と減少している。西脇知事は「飲食店への時短要請をさらに長い期間、延長する状況にはない」と述べた。

 府南部16市町村については、飲食店などの営業時間は午後8時まで、酒類の提供は午後7時半までとするよう求めている。府が感染対策にお墨付きを与える認証制度の認証を受けた店舗は営業時間を午後9時まで、酒類提供は午後8時半までに緩和している。