バレーボールVリーグ女子1部は15日、女子はウカルちゃんアリーナで開幕し、昨季準優勝の東レが同10位の姫路に3―1で白星発進した。

 東京五輪代表で主力の黒後が体調不良で休養中の東レは、同じく五輪代表の石川が相手のブロックにつかまり、第1セットを22―25で落とした。第2セット以降は190センチのクランらの攻撃で巻き返した。第3、第4セットも姫路に今季加入したオランダ代表・プラクの高さのあるスパイクに苦しんだが、競り合いを制した。

 主将の黒後を欠く逆境の中で迎えた、ホームでの開幕戦。